お菓子の歴史

お菓子の歴史 画像1

日本におけるお菓子の起源は古く、古墳時代にまで遡ると言われています。しかしながら、当時のお菓子は簡単な穀物の加工品や果物などを含めた総称で、現在のようなお菓子は、奈良時代・平安時代初期に輸入された唐菓子が原型とされています。

室町時代から安土桃山時代にかけて茶道の隆盛に伴い、点心(食事と食事の間に食べる少量の食物)としてのお菓子が求められはじめると、中国では肉類を用いて作られている羊羹や饅頭が、仏教の影響により、日本では肉類ではなく小豆や豆類など植物性の素材に置き換えて作られるようになりました。これが後に、和菓子の方向性を決定したとも考えられています。

お菓子の歴史 画像2

点心としてのお菓子は京都でさらに発展し、京菓子として隆盛を極めます。一方で、江戸時代後期には京菓子に対抗して江戸文化により育まれた上菓子が隆盛を見せました。また、白砂糖は上菓子のみに用いるといった制限があることから、これを逆手に取って黒砂糖を用いた駄菓子と言われる雑菓子類も大きく発展しました。

明治維新以降は、海外からドロップ、キャンディ、チョコレート、ビスケットなどが輸入されるようになり、日本のお菓子は大きな転機を迎えました。大航海時代時代からの経済発展により完成の域に達したフランス菓子などが伝えられる一方で、産業革命により機械化効率化した菓子製造法まで一気に伝来し、幅広い発展を遂げました。