土産菓子の歴史

起源

土産菓子は、元は神仏への供え物(神饌(しんせん))として作られた菓子が、そのまま境内において売られ始め、次第に供え物と関係のない菓子までも売られるようになり、参拝者が土産として購入し持ち帰ったことが起源と言われています。

安土桃山時代

安土桃山時代になると、茶道の発展に伴い「お茶請け」としての菓子が発展し始め、また同時期に南蛮菓子が渡来したことで、当時の文化の中心地であった京都近辺に大きな影響をもたらしました。

江戸時代

江戸時代になり街道での往来が増えると、途中の茶店で売られていた菓子が旅人によって広められ、独自の発展をしていきます。また、松江藩や加賀藩など京都や江戸で茶道を学んだ地方藩主が、地元の城下町でお茶請けとして菓子の製造を奨励しました。江戸時代中期には、和三盆(わさんぼん)などの製糖技術が確立したことで各地に白砂糖が伝わり、菓子製法に大きな影響を与えました。

近代以降

明治維新以降は、食材の多様化や洋菓子の一般化によって、多くの菓子が現在に通ずる製法を確立させました。