越の雪 新潟県銘菓

名称
越の雪(こしのゆき)
地域
中部 新潟県
ジャンル
その他

越の雪は、越後産の餅米の寒晒し粉に徳島産の和三盆を合わせた落雁。口溶けの良い上品な甘さで、独特の「しとり」が特徴。日本三大銘菓の1つされる。安永7年(1778)、長岡藩9代藩主 牧野忠精(ただきよ)は病に伏されたが、大和屋庄七の祖 大和屋庄左衛門が、寒晒粉に甘みを加えて調理した菓子を献上したところ、ほどなく平癒した。忠精は大変喜び、「実に天下に比類なき銘菓なり。吾一人の賞味は勿体なし。之を当国の名産として売り拡むべし。」と、この菓子に『越乃雪』の名を賜った。

越の雪の購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。