丸柚餅子 石川県銘菓

名称
丸柚餅子(まるゆべし)
地域
中部 石川県
ジャンル
その他

丸柚餅子は、石川県輪島市で作られる柚餅子(ゆべし)。同市にある中浦屋の丸柚餅子は、大粒の柚子を丸ごと1個使用。柚子の中身を竹べらでくり抜き、外皮を容器として中に餅米などを詰めて蒸篭で蒸しあげる。その後、自然乾燥させ、艶やかな飴色になるまで蒸す作業と自然乾燥を繰り返す。出来上がるまでに半年を要する非常に手間のかかる製法のため、1年に一度しか製造できない。食べ方は、薄めにスライスしてそのまま食べたり、千切りにして料理の仕上げに使ったり、厚切りにして火であぶって食べたりと様々。なお、固くなった丸柚餅子は、約二十分ほど弱火で蒸すと、ほぼ製造直後の味と香りが蘇る。

丸柚餅子の購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。