味噌松風 京都府銘菓

名称
味噌松風(みそまつかぜ)
地域
近畿 京都府
ジャンル
その他

味噌松風は、焼き菓子の一種。小麦粉、白味噌、砂糖、麦芽を練り、一晩寝かせて発酵させた生地を鉄鍋で焼く。カステラに似た形状をしている。起源は、織田信長の本能寺攻めを背景に生まれた説、京都の大徳寺の住職が考案した説、一向一揆の際の食料として生まれた説などがあるが、いずれもはっきりとしない。京菓子であり、「松屋常盤」の「紫野味噌松風」、「亀屋陸奥」の「松風」、「松屋藤兵衛」の「紫野味噌松風」が有名。

味噌松風の購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。