五色豆 京都府銘菓

名称
五色豆(ごしきまめ)
地域
近畿 京都府
ジャンル
その他

五色豆は、煎ったえんどう豆に5色の砂糖をかけた京都銘菓の豆菓子。明治20年頃、豆政の初代 政吉が、鴨川の清流に晒す京友禅の優雅さを思い、宮中の五彩色を使い創製した。五彩色とは、青は木、赤は火、黄は土、白は金、黒は水を表し、合わせて大地を象徴するものとされる。それぞれの色は、緑(青)は青海苔、赤は梅肉、黄は柚子、白は砂糖、茶(黒)は肉桂(シナモン)で出している。

五色豆の購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。