塩味饅頭 兵庫県銘菓

名称
塩味饅頭(しおみまんじゅう)
地域
近畿 兵庫県
ジャンル
饅頭

塩味饅頭は、製塩の盛んであった赤穂(兵庫県の南西部)の名物饅頭で、明和年間(1764~)創業の老舗和菓子店「播磨屋」をはじめ、赤穂の多数の店舗で販売されている。寒梅粉と砂糖を混ぜた柔らかい落雁風の皮を使って、塩味のきいた十勝産小豆の餡を包んだ菓子。嘉永6年(1853)、播磨屋の当主 時三郎が赤穂の海に沈む半円の美しい夕日の情景に感銘を受け、「汐見まん志う」を創製、赤穂藩の御用菓子司となった次代 治平が、赤穂の塩を饅頭に取り入れていることから「塩味饅頭」と改名した。

塩味饅頭の購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。