大手まんぢゅう 岡山県銘菓

名称
大手まんぢゅう(おおてまんじゅう)
地域
中国 岡山県
ジャンル
饅頭

大手まんぢゅうは、岡山市の銘菓・土産菓子として有名な薄皮の酒饅頭。皮は餡が透けて見えるほど薄く、また酸味があるのが特徴。天保8年(1837)、大手饅頭伊部(いんべ)屋の初代 伊部屋永吉が大坂から持ち帰った酒饅頭を参考に作った。伊部屋が岡山城大手門に近かったため、時の岡山藩第7代藩主池田斉敏(なりとし)により「大手まんぢゅう」と名付けられ、その後も池田氏代々の藩主に愛された。本店は現在も旧岡山城下町であった岡山市北区京橋町にあるが、製造工場は名水として名高い「雄町の名水」を生かすため、中区雄町に構えている。ちなみに、岡山の土産菓子として「吉備団子」が有名だが、地元民は「大手まんぢゅう」を贈答に多く使うらしい。

大手まんぢゅうの購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。