亀の甲煎餅 山口県銘菓

名称
亀の甲煎餅(かめのこうせんべい)
地域
中国 山口県
ジャンル
煎餅

亀の甲煎餅は、山口県下関市の名物煎餅。亀の甲のような形状が特徴的。初代 増田多左衛門(通称:金次郎)は、長州藩に仕えていた兄を頼って江戸から下関に移り、江戸で習い覚えた煎餅の製造販売を文久2年(1862)に始めた。江戸から来た金次郎という意味で、屋号を「江戸金」としたとされる。

亀の甲煎餅の購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。