二◯加煎餅 福岡県銘菓

名称
二◯加煎餅(にわかせんぺい)
地域
九州・沖縄 福岡県
ジャンル
煎餅

二◯加煎餅は、博多の郷土芸能「博多仁和加(にわか)」で使用される鼻の脇から目の上部までを覆う長方形の面を模した煎餅菓子。小麦粉、砂糖、鶏卵、白ゴマを原料とした瓦煎餅で、サクサクした歯ざわりと卵の風味が特徴。製造元の東雲堂は、明治30年(1897)頃創業。当初は博多駅構内に売店を持っていたが、駅長から土産菓子作りをすすめられ、初代 高木喜七と2代目 裕太郎で二◯加煎餅を創製、明治39年(1906)に発売した。

二◯加煎餅の購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。