鶴乃子 福岡県銘菓

名称
鶴乃子(つるのこ)
地域
九州・沖縄 福岡県
ジャンル
その他

鶴乃子は、マシュマロの中に黄身餡が入った博多名物の土産菓子。福岡県福岡市博多区の石村萬盛堂が製造・販売している。石村萬盛堂は、「オッペケペー節」で知られる川上音二郎が所有していた中村馬小路の実家の長屋を借りて、明治38年(1905)に誕生した。創業時は鶏卵素麺を専門に作っていたが、鶏卵素麺が卵の黄身のみを原材料とするため、余った白身をマシュマロにして生まれたのが「鶴乃子」である。「鶴乃子」という名前は、福岡城の別名「舞鶴城」に由来する。

鶴乃子の購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。