カステラ 長崎県銘菓

名称
カステラ(かすてら)
地域
九州・沖縄 長崎県
ジャンル
その他

カステラは、天正年間(1573-1592)にポルトガルから伝えられた南蛮菓子で、日本で独自に発展した洋菓子。卵を泡立てて小麦粉、砂糖(水飴)を混ぜ合わせた生地を正方形または長方形の型に流し込んで、オーブンで焼いた後に棹型に切る。しっとりとした食感が特徴。日本におけるカステラは長崎が本場で、その「長崎カステラ」には「五三焼き」と呼ばれるものがあり、卵黄5に対して卵白3と卵黄の割合を多くすると美味しいとされている。近年では、抹茶やチョコレートなどを加えたバリエーションに富んだカステラが各地で登場している。名前の由来は、スペインのカスティーリャ王国 (Castilla) のポルトガル発音であるカステーラ (Castela) と言われているが、諸説がある。

カステラの購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。