軽羹 鹿児島県銘菓

名称
軽羹(かるかん)
地域
九州・沖縄 鹿児島県
ジャンル
その他

軽羹は、鹿児島県をはじめとした九州特産の和菓子。大分県別府市、宮崎県、福岡県でも製造・販売されている。山芋を擦りおろし、かるかん粉(軽羹用に製粉された米の粉)と白砂糖を加えて練り合わせて、蒸篭で蒸し上げる。軽羹は、20世紀後半までは、島津斉彬が江戸から招聘した明石出身の菓子職人 八島六兵衛によって安政元年(1854)に考案されたという説が一般的だったが、成徳5年(1715)の藩主用の献立に、羊羹などとともに軽羹の記載があることから、貞享3年(1686)から成徳5年(1715)頃に薩摩藩で誕生したとみられている。名前の由来は諸説があるが、ふわっとしていることから、「軽い羹」という意味で付けられた名前だとされる。

軽羹の購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。