ざびえる 大分県銘菓

名称
ざびえる(ざびえる)
地域
九州・沖縄 大分県
ジャンル
その他

ざびえるは、大分県大分市の銘菓。ラム酒に漬けたレーズンを入れた白餡を、小麦粉に鶏卵、バターを効かせた生地で包み、焼き上げた和洋折衷の焼き菓子。黒を基調に赤の線が入ったビロード風の高級感ある箱に入っている。個別包装は、銀と金のものとがあり、銀が白餡で、金がラムレーズン入り餡。「ざびえる」という名前は、日本に初めてキリスト教を伝えたことで有名なフランシスコ・ザビエルに因んで付けられた。1962年から製造・販売していた長久堂が2000年10月に自己破産したため、一時入手できなくなった。しかし、消費者からの復活の要望が強く、長久堂の元従業員が「ざびえる本舗」という新会社を立ち上げ、2001年4月に製造・販売が再開された。

ざびえるの購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。