田むらの梅 岩手県銘菓

名称
田むらの梅(たむらのうめ)
地域
東北 岩手県
ジャンル

田むらの梅は、岩手県一関市の銘菓。梅肉を加えた白餡を紅色の求肥でくるんで塩漬けした後、蜜煮した青紫蘇の葉で包み、砂糖をまぶしたもの。甘く爽やかな青紫蘇の香りと梅の風味、甘酸っぱさが特徴。明治末期、江戸時代に一関藩藩主であった田村家の末裔で12代目当主の田村丕顕(たむらひろあき)子爵(華族の爵位(五爵)の第4位)が、松栄堂の初代 小野寺主馬蔵に命じて作らせた。由緒を後世に伝えるため家名拝領を願い出て許され、「田むらの梅」と名付けられた。

田むらの梅の購入方法

製造メーカー様へ

「銘菓データベース」では、掲載されている銘菓の画像や情報を提供してくださる製造メーカー様、販売業者様を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。